「猫コタツ」はやはり猫専用! コタツの中はもちろん天板も暖かいから二度おいしい! 人間には低温に感じますが猫には最適!、のぼせることがありません。

どうも、NEKODAです。

まだ朝夕は寒く感じますが、そろそろ暖房器具を片付けることを考えている方もいるのではないでしょうか??。

猫様はまだまだ寒そうで、次女のウメさんは1日の半分くらいは猫コタツか猫電気マットの上に鎮座しています。

人のコタツは熱すぎる

猫様と一緒に暮らしている方は結構の確率でコタツをお持ちかと思います。

我が家でも2年前までは冬になるとリビングにコタツが出ていました。

現在はちょっと大きめのソファーが鎮座しており、残念ながらコタツは仕舞い込まれています。

当時、そのコタツにはだいたいウメさんが入っていましたが、どーもウメさんには熱すぎるようでした。

温度は一番低く設定していたんですが、それでも熱いようで、コタツから出てくるとフローリングの床にへたりこみます

「大丈夫ー??、ウメさーん」と声をかけると「ウニャ…」と一声上げて床でグネグネローリングしてました(まぁ、平気ということでしょう)。

これが原因でコタツをやめたわけではありませんが、ちょっとコタツは怖いなぁというのが正直なところでしたね。

 

その後、猫コタツの存在を知りウメさんのためにポチりました。

猫コタツはほんのり暖か。

この猫コタツ、人のコタツと違いほんのり暖かい感じです。

スペックとしては最高温度31度…「低くない?」とお思い電源をつけて手を当てると、

むむ、不良品か?

と思うほどの低温、こりゃ失敗したかと思いましたが取り敢えず設置して猫様たちを待ちます。

 

す、る、と…

まずキク様がクンクン匂いを嗅ぎながらコタツの外周をまわり、中に顔を入れてみます。

その後ろからウメさんが迫りキク様のお尻をクンクン…。キク様は怒りその場を立ち去りますが、

そのままウメさんがコタツに興味を持ち、中に入ることでめでたくコタツはウメさんの新たな縄張りとなりました。

 

ちなみに人のコタツもキク様は使っていなかったので、それぞれ好みがあるんでしょうね。

生粋の家猫様は寒いという感覚が少ないのかもしれません。

実は天板もあったかい!

そしてこの猫コタツは中だけでなく天板もほんのりと暖かいんです。

これは狙ってなのか、人のコタツと違い布団の上に天板をつける必要がないのでコストカットをしたのか分かりませんが、猫様にはとても好評です。

一度ウメさんがこのコタツの中でゲロをしてしまったんですが、その後はほぼ天板の上にいます。

※ゲロは処理してちゃんと洗濯もしてますよ。

どうも設置場所が窓の近くなので、ちょっと高い位置でほんのり暖かい場所から外を見るのが楽しいんでしょうね。

なので、先ほど伝えた「コストカット」の部分はお詫びとともに訂正させていただきます。

きっと狙って天板も暖かくしたんでしょう!、我が家ではめちゃ人気です。

最後に

人のコタツでは熱すぎ、のぼせてしまう猫様も少なからずいるのではないでしょうか?。

この猫コタツは人が触ると「これで温まるの?」と思いますが、猫様にはちょうどいいようです。

また、地味に嬉しいの仕掛けとして、掛け布団の端に柔らかい針金?が入り、猫様が入りやすいように布団を浮かす役割を担っています。

この辺りも猫用としてありがたい使用ですね。

※こちらの商品には柔らかい針金はないようです。